google-site-verification: google1fb1a6b4c99c7d47.html

購入検討中のお客様-HELP TO BUY

セカンドハウスを購入したい、と思ったらまず誰にどう相談しますか?エリアの不動産屋さん?お付き合いのある銀行の担当者?、不動産を購入したことのあるご友人? どなたも正しいです。ただどなたもお客様のすべての疑問には答えられないでしょう。 Vacation+なら、不動産のプロが物件探しからローン等、実際の購入サポート、及び海辺に住んでいる人間にしかわからない購入の際の注意事項等含めトータルでサポートさせていただきます。 また、運営者・私自身本人が実際に物件購入からセカンドハウス運営をしており、具体的な成功談・失敗談・注意点を含め、ご相談いただけます。  

セカンドハウスを取得するリスクと不安

こんな心配ございませんか?

Vacation +が提案する解決方法

Q1.知らない場所で不動産選びが心配だ

  A1.Vacation+は不動産仲介会社ではありません。仲介手数料等がありませんので売上ノルマのある売却手数料が欲しい不動産仲介会社では聞けない、お客様寄りの視点でお客様と一緒に不動産を探すお手伝いをいたします。 また実際にご購入される際にも、地元に住む地元を熟知した不動産仲介会社をご紹介いたしますのでご安心いただけます。大手の名の知れた不動産会社が安心と思う方もいるかもしれませんが、彼らは仕事でそこにいるだけで、住んでいない為 エリアの住環境等について何も知らないことがあります。不動産は信用のできる人間且つ、エリアの土地を良く知ってる人間に尋ねるのが一番です。

Q2.購入したはいいが、将来売りたい時に売却できるか心配だ

A2.1番の質問同様に、Vacation+は不動産仲介会社ではない為、お客様にとって一番利益になるタイミングをお教えします。景気の波が繰り返しあるように不動産の相場にも必ず下がるときがあれば必ず上がるときがきます。また相続や節税対策においてもアドバイスさせていただきます。民泊Airbnbのシステムにより、セカンドハウスが単なる長期保有前提の不動産ではなく、短期の投資物件としても捉えることもできるようになりました。

Q3.日々のメンテナンスに追われて、ゆっくりする時間がないんじゃないか?

A3.別荘保有の悩ましい問題の一つに日常の清掃・メンテナンスの問題があります。通常の別荘地では結構な額の管理料を支払い代わりに管理してもらうしかないのが実情です。そうでなければ、休暇で訪れるたびに何かしらの修理や清掃に時間を費やし、休んだ気がしなくなってしまいます。問題は使っていようかいまいが毎月一律に管理費がかかる点。また何かの修理・庭木の手入れにしても管理会社が外注し他の会社を利用するため、仲介の費用がかさみ通常より高い費用となります。Vacation+では一回の日常清掃7000円~(例2LDK戸建)庭木の手入れ・内装工事等も地元の会社に直接お願いいたしますので無駄な費用がかかりません。お客様にとって必要な事のみ個人に合わせた管理プランをご提案させていただきます。

Q4.通勤時間に不安、一度数日体験することができるなら

A4.是非一度Airbnbを介し、滞在してみてください。場所によっては始発電車を利用でき座って通勤できることもあります。また気持ちのいい環境ですと鳥のさえずりで目覚め、朝早く起きることがほんとうに苦痛でなくなります。通勤時間を早めて出勤する朝方の生活をするのも良いかもしれませんね。https://www.airbnb.jp/rooms/6083348?preview

Q5.仕事が忙しく、家具を購入したり、細々なスタートアップの時間がない

A5.不動産を購入しても、家具家電を購入したりカーテンを発注したり もろもろの手配をする時間がなく、なかなか生活が開始できない なんてことがあります。 Vacation+では、購入後のTODO管理、必要な内装工事の手配や家具家電の購入代行、及びインテリアコーディネートもご予算に合わせてさせていただきます。

Q6.民泊Airbnbの今後の規制について心配

A6.昨今の円安と2020年のオリンピックに向け、日本に訪れる観光客数は年々増加しております。また国内旅行の需要も増え、それに対する宿泊施設が不足する問題が早急に対策をすべき状況です。それを踏まえて現内閣では国家戦略特区を設け旅館業法を適用せずに宿泊可能にするエリアを指定しました。神奈川県湘南鎌倉エリアはその地域に該当いたします。規制の概要については本年度中にまとめ来年度以降実施予定とされています。それに先駆け福岡県と大阪府は独自の規制を公表いたしました。大阪府は東京神奈川エリア同様宿泊施設が足りておりませんので守るべき決まりは厳しめながらも民泊自体は認める内容となっています。宿泊日数の制限が今後の注目点です。特区エリアにおいても大阪府の案をたたき台にした規制が敷かれるとは思いますが、国家が特区と認めた場所ですの大阪府より若干緩めの内容になるのではないかと推測しております。いずれにしても民泊自体ができなくなる事はない現状と捉えております。

Q7.毎月かかる費用ってどのくらい?


3800万円戸建てセカンドハウス購入した場合の月額ご負担額(例) 2015/6月 expense *住宅ローンを利用した場合の利率 *固定資産税の額、及び火災保険の額はあくまでも事例です。 セカンドハウスを所有するのに、最低限でも上記費用がかかります。 それ以外にも定期的な補修・メンテナンス費用等を考慮しなければなりません。

但し、自分の使わない日を貸したらどうなるでしょうか?

  詳しい運営方法は 次のページへ → For Property owner