google-site-verification: google1fb1a6b4c99c7d47.html
代表あべの妄想やら備忘録

国内の民泊マッチングサービススタートーSTAY JAPAN

本日リリースで、国内発信の民泊マッチングサイトが開始されました。

STAYJAPAN https://stayjapan.com/

東京都大田区が先陣をきって民泊の条例が本日可決され、来年1月にはスタートできる状況になったことが背景にあります。

大田区の条例では宿泊日数7日以上という点、変わる事がなく且つ法案が一切変更にならなかった場合は(まだ条例全文発表されておらず)民泊可能な用途地域の制限、宿泊対象は外国人のみで日本人は対象外(国内旅行で使えない)こととなってしまい、前例としてはちょっと残念な内容ではありますが、民泊に関しては一歩前進というところでしょうか。

 

湘南鎌倉エリアは、住居地域の中でも低層住宅のエリア及びそもそも用途地域のない市街化調整区域が多く、且つ風致地区・文化財保護地区・地域協定などといった細かな決まり事もあり、同様な内容の条例がで決まってしまうと、空家の有効活用を含めた民泊 = 宿泊する観光客の増加の希望的観測は遠のいてしまうかもしれません。。。

大田区は羽田という一つの世界からの玄関口ってことで、既存の業界の圧力が強かったから厳しめの内容になったのかな!(前向きに!)

 

STAYJAPANさんの親会社さんは我同郷宮城県の企業で、活躍期待を寄せております。

空き家問題といい、民泊問題といい日々進捗し目が離せませんね!


コメントを残す

*